ボーイスカウトとは

ボーイスカウトは世界共通の目的として、青少年が個人として、責任ある市民として、地域、国、国際社会の一員として自らの肉体的、 知的、情緒的、社会的、精神的可能性を十分に達成できるように青少年の発達に貢献すること、『Creating a Better World(より良き社会を作る)』 を世界共通の展望とし、スカウト教育法を通して健全な青少年の育成を行っています。

ボーイスカウトの始まり

1907年、イギリスのベーデン・パウエル卿が自ら隊長となって、イギリスのブラウンシー島で20人の少年たちとともに実験キャンプを行い、この結果と自らの体験を基に「スカウティング・フォア・ボーイズ」という本を発行しました。

 ベーデン・パウエル卿は軍人時代に優秀なスカウト(斥候)であり、自らが体験したキャンプ生活や自然観察、自然体験を少年たちの旺盛な冒険心や好奇心と結びつけ、そこから開発したゲームや活動を通じて少年たちに自立心や協調性、リーダーシップを身につけさ、社会に役立つ人材の育成することを目指しました。

 スカウトとは軍隊での「斥候」という意味でしたが、ベーデン・パウエル卿は「平和のスカウト」として、「自ら率先して幸福な人生を切り開き、社会の発展に貢献する人」を少年たちが目指すことを説きました。ですから、「斥候」というよりは「先駆者」という意味に動きをおきました。

 そして、この本が出版されるとまたたく間に少年たちに読まれ、読んだ少年たちはそれを実行しはじめました。少年たちは周囲の大人たちに「僕たちはボーイスカウトになりたいから、隊長になってください」と申し出るようになり、それはやがて海を超え、現在では世界の216の国と地域でスカウトの活動が行われるようになりました。

ボーイスカウトの組織と構成

ボーイスカウトは、幼年期より青年期にわたる各年齢層に適応するように、ビーバースカウト、カブスカウト、ボーイスカウト、ベンチャースカウト及びローバースカウトに分かれて組織されております。

ちかいとおきて

スカウトは入隊に際して、それぞれ「スカウトのちかい」(ボーイスカウト以上の者)、「カブのやくそく」(カブスカウト)、「ビーバースカウトのやくそく」(ビーバースカウト)をたてます。また、初めて指導者として加盟登録する者は、スカウトのちかいをたてるかこれを再認します。

スカウトのちかい

私は、名誉にかけて、次の3条の実行をちかいます。

スカウトのおきて

団委員長挨拶

保護者の皆様へ

「お子さん達は、週末何してますか?」

三指 こんにちは!ボーイスカウト上尾9団です。ボーイスカウト運動は111年の歴史を持った世界的に青少年を育成する教育活動です。「学校以外のもう一つの教室」と言われ、地域で子供達を育成する唯一の団体で、大河ドラマ「せごどん」に出てくる鹿児島の地域で子供達を育てるシステム「郷中教育」によく似ています。ボーイスカウト運動の創始者・ベーデンパウエルも大正時代に来日し、参考にしたとも言われています。

当団は今年で創立47周年を迎えます。 「お子さん達は週末,何してますか?」

活動は主に、こどもの城公園を中心に活動しています。幼稚園の年長から入隊でき、ビーバー隊、カブ隊、ボーイ隊、ベンチャー隊、ローバー隊の成人に至るまで、年代に応じたきめの細かい活動プログラムが用意されています。

スカウトとは“先駆者のことで、「自ら率先して幸福な人生を切り開き、社会の先頭に立とうとする青少年』という意味を持っています。

子供達は外で、自然の中で走り回って遊ぶことが成長過程でとても大切です。

活動には「楽しさ、遊び心」が大切です。一緒に、遊びませんか!仲間に入りませんか!一緒にキャンプしませんか!女の子もウエルカムです!お気軽にお声をかけてください。

弥栄

むさし地区 上尾9団・団委員長・上山芳範